【えてぃまる】夢みる若者が社会をまるっと知るブログ

社会の気になる物事を幅広く取り上げ,知見をためていくためのブログです.

福士加代子のリオ五輪出場条件!名古屋の順位やタイムの結果で落選可能性も

 

 

【スポンサーリンク】

 

福士加代子選手のリオ五輪出場の可否が連日話題ですね.名古屋ウィメンズの結果次第では落選の可能性もあるとか.

 

 

福士加代子リオ五輪出場はどうなる!

連日,不満や疑問の声が多数挙がっていますね.

これです.

 

福士は1月31日の大阪国際女子で2時間22分17秒で優勝。日本陸連の五輪派遣設定記録2時間22分30秒を突破するなど代表は当確の状況だ。だが名古屋で設定記録を上回る選手が複数出ると、福士が代表3枠(伊藤は既に内定)からわずかに落選する可能性があり、日本陸連からは「当確」が出ていない。

 

出典:福士「当確」出ず名古屋2位以内でリオ五輪つかむ - 陸上 : 日刊スポーツ

 

陸連の設定記録を超えているにもかかわらず,

五輪への当確が出ていないという状況.

 

なぜこのような事態になってしまっているのでしょうか.

 

五輪への選考制度や,

福士加代子選手のこれからに関してみていきます.

 

リオ五輪出場の選考基準とは

基準はこちらです.

 

代表は男女とも3枠あります。まず世界選手権で入賞(8位まで)した日本人のうち最上位者が内定します。世界選手権は五輪に匹敵する大会なので、そこで実力を出した者というのはわかります。該当者がいれば残りの枠は「2」です。

 

出典:福士加代子選手がマラソン五輪選考レースで優勝……でも内定ではない?(坂東太郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

そもそも女子マラソンの枠は3人だけなのですね.

 

リオに関しては,

2015年の世界陸上北京大会で7位に入賞されている

伊藤舞選手

が既に内定されていますね.

 

なので,

今回の残りの枠は2人ということです.

 

そして,

次の基準があります.

 

国内の選考大会は男女とも3つ。いずれも日本人3位以内が選考対象です。うち日本陸連設定記録(男子2時間6分30秒、女子2時間22分30秒)を突破すれば優先的に選ばれ、残りは順位やレース展開などから「総合的に」判断するという決まりです。

 

出典:福士加代子選手がマラソン五輪選考レースで優勝……でも内定ではない?(坂東太郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

基準となる記録が存在しているのですね.

そしてこれらの基準が適応されるのが,

以下の3つの選考レースです.

 

 

これらの内の2つ目である大阪国際女子マラソンにおいて,

福士加代子選手は,

陸連が基準と定める記録「2時間22分30秒」をクリアしたということですね.

 

ですが,

現時点で残っている枠が2人で,

まだ選考レースが残っているんですね.

 

そのため,

名古屋ウィメンズマラソン

福士加代子選手を超える選手が現れた場合には,

そちらの選手に当確が与えられる可能性があるというわけです.

 

福士加代子選手の実績

こうした不安の残る状況であるとはいえ,

福士加代子選手が今回残した

2時間22分17秒

という記録は,

 

日本女子マラソン界において,

史上7位

という素晴らしい記録なのです.

 

もともとは陸上のトラック長距離走の分野において

5000m,10000mで常に国内のトップレベルの選手であり続けていました.

 

世界陸上への4大会連続出場や,

五輪への3大会連続出場など.

 

ですが,2007年に突然,

マラソンで北京五輪を目指すと表明されました.

 

初マラソンである2008年の大阪国際女子マラソンでは惨敗し,

その後4年近くにも渡りフルマラソンからは離れていました.

 

その間は,

陸上トラック競技において着実に実績を残し続けてきました.

 

陸上トラック種目に比べると,

あまりにも結果の残せないマラソン.

 

2012年の大阪国際女子マラソンにおいても,

結果は満足いくものには程遠い状態でした.

 

ですが,

周りもやきもきするような,

もはやトラウマとも呼べるくらいの苦労を乗り越え,

2013年の大阪国際女子マラソンでは優勝.

 

そして2013年の世界陸上モスクワ大会でも

銅メダルを獲得.

 

マラソンにおいても,

着々と結果が出始めました.

 

そして,

今回話題となったマラソンで

かなりの大差をつけて優勝をつかんだのです.

3月の名古屋ウィメンズへ出場か

これはかなり濃厚であるとみられています.

 

出場を検討していた最後の五輪選考レース・名古屋ウィメンズ(3月13日)について、所属先の永山忠幸監督(56)は2日、「エントリー書類の記入は終わっています」とあらためて明言。登録準備を終えて出場する意向を示した。

 

出典:福士「当確」出ず名古屋2位以内でリオ五輪つかむ - 陸上 : 日刊スポーツ

 

これほど短期間のうちに

かなりの負担のかかるフルマラソンを走るというのは,

本番のことを考えるとあまりプラスにはなりそうにありません.

 

なぜこうなった

それでも名古屋を走ろうとするのは,

これです.

 

日本勢2位以内を勝ち取り、自力で代表の座を100%にすることを選んだ。

 

出典:福士「当確」出ず名古屋2位以内でリオ五輪つかむ - 陸上 : 日刊スポーツ

 

とにかく出場権を勝ち取ることを第一に考えているためです.

 

まず出場できなければ,

故障がどうこうも関係ないですからね.

 

加えて,

五輪への選考基準の曖昧さへの抗議の意味も含んでいそうですね.

 

現状では一応の基準はあるものの,

選考レースは多数開催され,

最後の評価も総合評価ということで曖昧な部分が多いです.

 

たまたま実力を出し切れなかった有力者が五輪への切符を逃すのは損失だという考え

 

出典:福士加代子選手がマラソン五輪選考レースで優勝……でも内定ではない?(坂東太郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

上記のような考え方も分かりますが,

それゆえにあまりにも有力な選手の足かせになるようなことがあっては

本末転倒のような気もしてしまいます.

 

また,これだけレースが多いのは,

単純に視聴率が見込めるという理由であり,

マスコミがより平等に放映権をすみ分けられるためであるとも言われています.

 

いずれにしても

実際に走る選手にとっては全く優しくない状況ですね.

 

落選の可能性は

こうした状況ですので,

福士加代子選手が落選するという可能性も,

ゼロではありません.

 

まあ

歴代7位の成績であることを鑑みると,

おそらくリオ五輪へ出場できるとは思うのですが.

 

五輪当確選手がわずか1カ月半の間隔で選考レースに出場すれば、故障を含めてリスクを背負うのは百も承知だ。

 

出典: 福士「当確」出ず名古屋2位以内でリオ五輪つかむ - 陸上 : 日刊スポーツ

 

こうして故障する事態も考えられますので,

くれぐれも怪我のないまま選考レースを終えることを願うばかりです.

 

改めてまとめると,

リオ五輪福士加代子選手が出場するためには,

下記のことが必要であると言えます.

 

1.日本陸連設定記録(女子2時間22分30秒)を突破する選手が名古屋ウィメンズで1人以下しか現れない.

2.「総合的」判断で選ばれる.

 

曖昧な基準のもとで厳しい結果となる可能性もゼロではありませんが,

期待しましょう!

 

まとめ

福士加代子リオ五輪出場の当確を得るためのハードルは高すぎた.

◆名古屋ウィメンズの結果次第では落選の可能性もゼロではない.

広告を非表示にする