【えてぃまる】夢みる若者が社会をまるっと知るブログ

社会の気になる物事を幅広く取り上げ,知見をためていくためのブログです.

【しくじり先生4月4日】はんにゃ松村邦洋の放送日時間に感想内容まとめ

 

 

【スポンサーリンク】

 

しくじり先生4月4日放送回は,はんにゃのお2人と,松村邦洋さんです!放送日時に時間,感想や内容などをまとめます.

 

 

しくじり先生4月4日は「はんにゃ」と「松村邦洋」!

今週もやります,しくじり先生!
今回のゲストは,お笑い芸人の「はんにゃ」に,ものまねタレントの「松村邦洋」さんです.

 

なかなか壮絶なエピソードが出てくるようで,

今回も期待できそうです!

 

いやー

久々感ありますね,はんにゃ(笑)

 

放送日と時間

これはおさえておきましょう.

 

2016年4月4日(月)20:00-

 

当日観れないならもちろん,

録画です.

 

内容1:はんにゃ

まずは,はんにゃからご紹介します.

 

かつて“ずくだんずんぶんぐんゲーム”のネタでブレークし、当時は「好きなお笑い芸人ランキング」で1位を獲得し、連続ドラマにも出演していたはんにゃ。

 

出典:http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/culture/194423.html

 

懐かしいですね!!

「ずくだんずんぶんぐんゲーム」.

 

ただ,正直に言いますが,

筆者はこのゲームの面白さがよく分かりませんでした(笑)

 

まずゲームの名前がよく分かりませんでしたから.

意味ではなく,文字列として理解不能でした.

 

ただやたらと世間の人々にはウケているんだな,と

どこか冷めた目で見ていた気がします(笑)

 

凄まじい人気でしたからね!

ブレイクする才能はものすごいと思います.

 

ただ,

そうした素晴らしい時期も終わりを迎え...

 

そのブームも長くは続かず、キー局のレギュラー番組はすべて終了。「マジで笑えないお笑い芸人」で1位に選ばれるなど、目も当てられない状況に転落してしまった。

 

出典:http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/culture/194423.html

 

「マジで笑えないお笑い芸人」とは.

とんでもないランキングをつくったものですね.

 

まあブームがくればそれはいつか落ち着きます.

その落ち着きのスパンが急すぎたということでしょう.

芸能界の流れははやいので,無理もないでしょうね.

 

オリラジもそうでした.

 

はんにゃの2人は、自分たちがしくじった原因を「実力不足だったから」と潔く懺悔(ざんげ)。当時の自分たちのお笑いの実力は大学生レベルだったにもかかわらず、たまたま時代のタイミングとかみ合ったために人気者になってしまったのだと語る。

 

出典:http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/culture/194423.html

 

なるほど.

今となっては非常に冷静に分析されているようです.

 

時代のタイミングとかみ合わせる「運」もまた,

努力をしていなければ掴めないのは確かですからね.

 

それも一つの「実力」であると誇りを持っていいと思います.

卑下する必要はありません.

 

それを維持するための戦略に関しては,

拡大する人気や仕事の量に忙殺され,追いつかなかったのでしょう.

 

授業では、実力が伴わないのに売れてしまったはんにゃが、どのように絶頂に上り詰め、どのように自らブームを終了させてしまったか。さらに、フィーバーが去った後、自分たちに待ち受けていた切なすぎる悲劇。最後は、自分が実力不足なことに気付かないまま、夢や理想を追いかけているすべての人々に向けて、どん底を味わった2人からメッセージを送る。

 

出典:http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/culture/194423.html

 

なんだか少し切ない語りになる気がしますね(笑)

ブームの後,どんな悲劇が待ち受けていたのでしょう...

恐怖しかないですね.

 

実力不足なことに気づかないまま夢や理想を追いかけている人々へ向けたメッセージ.

一体何を語られるのでしょうか.

 

wadamaru.hatenablog.com

 

内容2:松村邦洋

続いては松村邦洋さん.

 

ビートたけし掛布雅之の物まねで注目され、1990年代は日本テレビ『進め!電波少年』の「アポ無し取材」で人気を博した松村。実は、もともとは中肉中背だったといい、“自分に甘い性格”が原因で、どんどん太っていき、“おデブ”になってしまったと打ち明ける。

 

出典:http://www.oricon.co.jp/news/2068484/full/?anc=014

 

この方,筆者のイメージの中では単なる「タレント」で,

たまにモノマネをするお笑い寄りの人.

という感じでした(笑)

 

面白い雰囲気ですよね.

 

もともと中肉中背だったとのことですが,

その姿は見たことがありません.

すでに非常にふくよかな体型をされていました.

 

そして太りはじめて十数年経ったある日、自分自身の変化にショックを受けてダイエットを決意し、さまざまな痩身法を試す中、大いにハマったものがあった。1年間で48キロもの減量に成功したダイエット法も紹介する。

 

出典:http://www.oricon.co.jp/news/2068484/full/?anc=014

 

痩身法,試されていたんですね!

ダイエットの方法も紹介されるとのことで,

悩む方々には役立つかもしれません.

 

なにせ

1年間で48キロの減量ですからね!

もう数キロ足したら筆者そのものですよ.

 

人1人分です.

ハンパないですね.

 

そんなダイエット中、興味を抱いてマラソンをはじめたが、その結果、生死をさまようことに。その原因も、何でも後回しにしちゃう、自分に甘い性格が関わっていたと振り返る。

 

出典:http://www.oricon.co.jp/news/2068484/full/?anc=014

 

ダイエットの延長からマラソンを開始.

しかしながら生死をさまようことに.

 

これは当時かなり話題になりましたね.

東京マラソンでの心配停止です.

 

非常に驚きました.

勝手ながら「なぜその体型でそんなに走った」と思ってしまった記憶もあります.

 

でも,走りたかったんですよね.

仕方ないです.

 

一度死にかけた松村が、自らの失敗から得た“死なないため”の授業をくり広げる。

 

出典:http://www.oricon.co.jp/news/2068484/full/?anc=014

 

なんだかほぼ「ダイエット」関係の話になりそうですが(笑)

生死をさまようほどの経験をされた人はそう多くありませんから,

非常に貴重な話になることは間違いないでしょう.

 

楽しみです.

 

wadamaru.hatenablog.com

感想

世間の感想,

筆者の感想をまとめてお送りします.

 

世の中には色んな感想や意見がありますからね.

ぜひ参考にしてみてください!

 

感想1:はんにゃ【追記済み】

なかなか壮絶な体験をされてきているようですね.

川島さんの腎臓がんが判明したことが特に印象的でした.

 

手術は成功しているようですが,

今後も経過はみ続ける必要があると.

 

 

これですね.

この言葉が胸に響いた人,かなりいたようです.

 

 

これは間違いないですね.

 

まずは行動して,失敗してしまうこと.

そこで悔しさを味わい,ばねにしていくこと.

かっこ悪くても,むしろかっこ悪いからこそ,得られるものがあります.

 

いつまでももがき続けていれば,報われるときはきます.

その時まで続けていれば,全ての失敗は成功の過程,

成功の要素へと一瞬にして姿を変えます.

 

 

これも切ないことですね.

結婚を機にガンが発覚する.

どんな心境なのか.

考えただけでもいたたまれない気持ちになります.

 

 

そこで支えた相方の金田さんの存在.

ガンの発覚した2014年当時は仲が悪くなっていっていたようですが,

吹き飛びましたね.

 

現在進行中でまだまだお笑い界における存在感が復帰しているとは言い難い中での『しくじり先生』出演でしたが,

これをきっかけに再ブレイクを望む声も多いようです.

 

知名度は抜群ですからね.

あとはきっかけさえあれば,といったところでしょう.

応援しています.

 

感想2:松村邦洋【追記済み】

こちらもかなり胸を打つ内容でした.

この言葉ですね.

 

 

これに対しても反響は大きかったようです.

 

 

命の危機に瀕したからこそ,

言える言葉ですね.

 

納得のいかない方もいるとは思いますが,

これはこれで,一つの命に対する結論だと思います.

 

 

『何を言うか』も大切ですが,

『誰が言うか』も同時に非常に大切であるということですね.

 

様々な経験をして復活を遂げた人は,

もれなく強いです.

 

まとめ

◆しくじり先生4月4日(月)20時からの放送回ゲストは「はんにゃ」と「松村邦洋」.

◆どちらの話も心を打たれる人が続出.

 

【関連記事】

wadamaru.hatenablog.com

wadamaru.hatenablog.com