【えてぃまる】夢みる若者が社会をまるっと知るブログ

社会の気になる物事を幅広く取り上げ,知見をためていくためのブログです.

東大村井教授の熊本地震に対する見解!予測は的中したのか

 

 

【スポンサーリンク】

 

地震予知で著名な東大の村井教授.熊本地震に対する見解を出されています.予測果て的中していたのでしょうか.

 

 

東大村井教授の熊本地震に対する見解

熊本地震への予測

2016年4月6日発行(Vol.16,No.14)における記述がこちら.

 

地震予測サマリ-
〇警戒レベルアップ地域
南西諸島(レベル1→2)
北海道道南・青森県(レベル1新規)
〇警戒レベルダウン地域
北信越地方・岐阜県(レベル4→3)
北海道北部周辺(レベル3→削除)
鹿児島県熊本県・宮崎県周辺(レベル2→削除)
 

出典:http://ch.nicovideo.jp/jesea/blomaga

 

事前には,熊本県周辺において『レベル2』とされていたのです.

『レベル2』というのは,『震度5以上の地震の可能性がある』という段階です.

5段階ある中の2段階目ということですね.

 

熊本地震の1週間ほど前の6日にはレベルの表記が削除となっていますが,

その1週間後の13日,

2016年4月13日発行(Vol.16,No.15)

においては,

 

トピックスと地震予測サマリ-
トピックス
 一か月にわたり静謐な状態が続いております。
※静謐な状態=安定、安全とは限りません。
 前兆現象→静謐→地震発生はよくあるパターンです。

ご注意ください。

 

出典:http://ch.nicovideo.jp/jesea/blomaga

 

との記述があります.

 

2016年の正月には,

大々的に危険を示されてもいました.

 

 

つまり,

村井教授は地震発生の可能性があるとして,

予測を的中させていたと言えるでしょう.

熊本地震発生後の見解

ただし,

あくまでも警戒レベルを落とし削除していたということで,

次のような発言もされています.

 

 

地震予測がいかに難しいか,

ですね.

 

これをもって地震予測が的中したのか,

それとも外れたのかとするのかは自由ですが,

少しでも可能性がある場合には日頃から注意をすべきである

という教訓でしょう.

 

普段なかなか意識するのは難しい部分もありますが...

地震とは本当にやっかいです.

 

東大村井教授のその他関連情報

*追記します.

メルマガも発行

wadamaru.hatenablog.com

 

2016年の地震予知情報

wadamaru.hatenablog.com

 

まとめ

◆東大村井教授は,平成28年熊本地震を予測していたと言える.

◆一方で反省の弁も.